俺のゲームとアニメ@まったり生活

ほとんど趣味のゲームとアニメ中心のブログです。感想とか買ったものとかいろいろ書いてます

好きなおすすめゲーム、アニメの記事は多少ネタバレがあります

小学生の頃、週に2回塾に通ってた

その塾の近くにスーパーがあって
駄菓子屋筐体が2台設置されていたんだが
その内の1台にギャラガに似たゲームがあった

それがシューティングゲーム
ギャプラス」 ナムコ(バンダイナムコ) / AC との出会い 

1回50円
とりあえず初プレイ
おおっ!おもしろいじゃないかよ!

同メーカーのギャラクシアン
ギャラガときて
さらに進化したそいつは
自機が左右だけではなく上下(8方向)も動かせるようになっていた
滑らかな動きに加え更にスピード感がアップ
敵の種類や攻撃パターンも豊富になりステージが進むにつれ激しさを増す

パワーアップのアイテムにより
自機の弾のスピードをアップさせたり
敵を捕まえて並列に最大6個つける事もできるんだ
つまり凄まじい弾幕を敵に浴びせることができる

爽快感がぱねえ
これがギャプラスの最大の魅力
今おもうと弾幕シューティングのはしりじゃね?って感じだ


通ってた塾に違う学校の同級生で
K君って奴がいた
妙にゲームに詳しくて
色んな事を教えてくれた

K君
「なあ知ってる変形」

てどお
「変形?なにそれ」

K君
「自分のやつの形がかわる」


鼻炎ぎみのK君が
スースーいわして
50円をポッケからとりだしギャプラスをプレイしだす


K君
「なにもせずに・・・
2番目の敵を撃って旗をだしたら
ここの敵にわざとぶつかる
それから旗をとる」

なんと自機が角ばった形に変わってるではないか!

てどお
「すげえ!」

これによりノーマルの自機は2連射しかできないが
変形すれば3連射が可能になる


あの当時ネットもないのに
小学生でなぜそんな事をしっていたのだろう?
謎である

あいつはいまでも元気にしてるだろうか?


ギャプラスは初代プレステの
ナムコミュージアムvol.2にも収録されている
まだ大切に持っている

ギャプラス


たまにやると
ふと、そんな事を思い出す



前のスマホはアンドロイド
約5年使ってたので動作が結構遅かったのね

iPhoneXR

それに比べ
サクサク動くし画面も鮮やかで
カメラも綺麗にとれる
性能面ではまあ問題なくストレスフリーで今のところは使えている

アンドロイド同様にモバイルスイカも使え
ちょっとした買い物や交通機関の利用も楽だとはおもうが
問題は大きくて重いんだわ
XRの重さは194g
もしかしたら日常生活では少しネックになるかもしれない

手は男性の中でもかなり大きい方なんだが
これ以上大きいと困る感じ

女性じゃおそらく持ちづらいとおもう

これから慣れるしかないかな
動画鑑賞においては画面が大きいから嬉しい


もうすぐ発売のSONYのエクスペリアXZ3も少し気になるな・・・

なにこの完成度
凄すぎなんですけどこれ

ペルソナ5

あらすじは
ある女性が男に言いがかりをつけられ襲われそうになる
その現場に偶然出くわした主人公が女性を助けるのだが
男に怪我を負わせ前歴がついてしまう
保護観察の処分を受けた主人公は
身元引き受け人の佐倉惣治郎の喫茶ルブランで暮らすことになり
高校2年の春に秀尽学園へ転入する
そこであるきっかけがおこりペルソナ使いに覚醒してしまう

このゲームの舞台東京、
そこで新たな仲間達と出会い、心の怪盗団を結成させる
パレスという異世界で、大人の醜い歪んだ欲望を盗み改心させていく
そして陰に潜む歪の核心へと迫っていく
こんな感じかな・・・

このゲーム
パレス攻略だけではない
東京での学生生活を主体とした
サブイベントが充実している
その他にもたくさんあるが
どれをとっても緻密な作り込みが半端ない
もうこれは職人の域ですよ

例えば
本編攻略の鍵のパレスとは別に
用意されたフリーダンジョンのメメントス
ペルソナの強化や合体をおこない別のペルソナを生み出す
ベルベットルームなどがある

パレスを攻略する結構ギリギリまで
東京の街を堪能し好感度や各パラメーターを上げ
隙あらばメメントスとベルベットルームに入りびたっていたような気がする
※パレス攻略には時間の制限がある

やり込みの要素がたくさんあるが
面白いのでめんどくさいとかはおもわないんだ

BGM、演出、バトル
全て洗練されていて洒落ている
ほんとに隙の無いゲームだよ


ここで主要キャラを軽く紹介をしよう
主人公
大人しめで正義感が強く行動派だ

坂本 竜司
お調子のうるさい高校生だが根は優しい

高巻 杏
見た目ギャルで派手だが割と真面目

モルガナ
よく喋る可愛いネコ 自信家だがいつも不安を抱えている

喜多川 祐介
天然の美形キャラ 以外と男らしい一面もある

新島 真
いいこちゃんで腕っぷしもつよい 優しいがゆえ人に気をつかう性格

佐倉 双葉
完璧な引きこもりオタク女子 凄腕のハッカー

奥村 春
大手の社長令嬢 ふんわりし感のある園芸女子


それぞれ魅力的な個性の持ち主
声優人も豪華、全員好感もてたわ

やっぱモルガナとのやり取りは
良かったな
ゼルダ、トワイライトプリンセスの
リンクとミドナを少し思い出す
人間以外の特殊キャラの仲間って
妙に感情移入っていうか好きになるんだよな

バッドエンドを回避し
信じ合い苦悩を乗り越えた仲間達との
日々は宝もんよ

ただ
ときめきメモリアル要素
武見先生と親密な関係になれなかったのが
心のこりである

会心の大傑作
ペルソナ5」 アトラス / PS4

しばらくしたら2周目いきたいが
アニメ版をまだ観てないのでそっちからかな・・・

本日、5日(月)午前11時から
プレイステーションクラシックがソニーストアで予約販売開始

プレイステーションクラシック

予約しますた。。

年末はたのしもう

秘境でもあり最強の魔境でもある縦穴アビス
その縦穴の入り口の周りには街が形成されているんだ
そこにはアビスに挑む探窟家、冒険者たちが
暮らしている

本作の主人公でヒロインのリコ
は孤児院で暮らしている子どもなんだが
アビスへの探求心、憧れが強い
なぜなら母も屈指の探窟家で
その血を引いているだ

ある時リコはアビスのモンスターに襲われ
命の危機にあうのだが
謎のロボットのレグに命を助けられる

その数か月後
リコの母ライザの持ち物
白笛(探窟家レベルを表すアイテム 白は最高レベル)と
封書が地上に上がってきた
そこには「奈落の底で待つ」という紙が入っていたんだ
そのライザのメッセージを受けとった
リコとレグがアビスの最深部へ挑む
これが大まかな、あらすじになる

このアビスって直径1000mの穴で
深さはわかってはいないだけど
強烈な設定があるんだよ
それが上昇負荷で
地上へと上がるときに体に目に見えない負荷がかかるんだ
これが深層にいくほど比例して大きくなる
1層から2層、3層と深くなるにつれ
目眩や吐き気がひどくなる
7層においては確実な死がまっている
これを皆、アビスの呪いと呼んでいる
この負荷には他の効果も潜んでいて
アビスの呪いを何らかの方法で耐え、
回避することができれば人間の常識を超えた
力を獲得することができる
これを祝福と呼んでいる

細部にわたり設定が練り込まれていて
物語のスケールを大きくしているんだ

かわいらしいキャラデザとは裏腹に
とんでもねえ話の展開なんだよ
油断して観ると痛い目にあう
このアニメは羊の皮をかぶった魔物だよ

これほどまでに
感動とトラウマを俺に与えたアニメはあっただろうか・・・

話数が進むたび
アビスの層が深くなるにつれ
その衝撃度は増していく
正直、巴マミさんのマミっちゃうシーンなんてもんの比じゃねえ

リコの負傷
ナナチとミ―ティのくだりは俺の心はかき乱され
なんとも言い難い思いが数日間
胸にとどまった

命をかけた冒険
あくなき探求心
人の強さ、弱さ、光と闇の一面をえぐるような鋭さで表現

心震える大傑作アニメ
それが「メイドインアビス

最終話のエンディング曲「Tomorrow」も最高だ!
観終わったときの余韻がすごかったよ

これもし仮にゲームだったら
神ゲー待ったなしだ
それほど素晴らしい

2期も決まったことだし
また
リコ、レグ、ナナチ
にあえるんだな

ほんと楽しみでしかない

【前置き】
好きで思い出のあるゲームのことも
ハード関係なしに少しずつ書こうかとおもいます
今はもうやることが困難なものも出てくるとおもいますが
懐かしく楽しんでもらえればうれしいです
これも俺基準のおすすめ度を5点満点で評価をつけておきます
☆=1
★=0.5

-----------------------------------------------------------

第1回 初代の「ゼルダの伝説」 任天堂/ファミコンディスクシステム
ゼルダの伝説

据え置きハードのゼルダは全て遊んだが
ゼルダシリーズの中で1番好きなのは初代だ
クリアした回数も歴代最多
最近ではクラシックミニ ファミリーコンピュータで表、裏クリアしてる

これをやったのは小学生の頃
あの当時はアクションRPGはまだ少なかったので
剣を突けたり
爆弾を置けたり
ロウソクで炎を出したり
新鮮だった

豊富なアイテム
魅力的な敵キャラ
ボスは恐ろしい鳴き声ときたもんだ
本当に感動した

ヒントが少なく片言のつぶやき
う~んわからんぞ・・・
とにかく狂たように爆弾やロウソクで隠れた洞窟やダンジョンを探す
「ドアノシュウリダイヲモラウゾ」
金を強制的に奪われることもある
酷いぜまったくよ

でもそれもひっくるめて楽しかった

親に隠れて夜中にこっそり
リビングで遊そぶほど熱中
かなりビクビクしながらやってたな
スリル満点だ

あの頃はネットも無かったので
裏クリアは自力で1年以上かかった
割とエンディングはあっさりしてんだよなw
苦労したのに・・・
色々な意味で記憶に刻みこまれたゲームそれが初代ゼルダ


でも仮に
ブレスオブワイルドを小学生の当時の自分が体験していたら
とてつもない衝撃を受けていたとおもう

↑このページのトップヘ