エマ博士のもとに片腕をなくした「てどお」を運び込んだ。
エマは「てどお」(ロディ)の正体が古の兵器「ホムンクルス」ということを説明する。
現在のファルガイアでは治す方法がわからないので、ザックとセシリアはエルゥ族の生き残りの「マリエル」のところに「てどお」を担ぎ向かった。

ワイルドアームズ
マリエルの決死の行動で、エルゥ界へ行くことができた。
「てどお」を救うため「カーディアンブレード」を左腕に移植しなればならない事を知る。
カーディアンブレードは「生命」と「魔」のカーディアンの力が必要であった。
迷いの森「フォレストプリズン」で生命のカーディアン「オードリューク」の力を得る。

ワイルドアームズ
ファガイアのクラン修道院の封印図書館で魔導書「デ・レ・メタリカ」の中へと入りこみ、魔のカーディアン「ドラス・ドラム」の力を得る。

ワイルドアームズ
マリエルの兄「バジム」の手によってカーディアンブレードは完成、てどおの腕に移植がなされた。
あとは意識が戻るのを見守るだけだ。

ワイルドアームズ
セシリアは「てどお」の回復を祈った。
その思いが「てどお」の夢の中へ入りこんだ。

ワイルドアームズ
逃げ出しそうな弱った「てどお」(ロディ)の心を必死で励まし続けるセシリア。

ワイルドアームズ
弱い心につけ込む「エリザベート」と対決。
セシリアは1人戦う!

ワイルドアームズ
「てどお」の傍にかけよる。
(マジでこのシーンはグッときたわ。心が震えたよ。感動した。)

ワイルドアームズ
愛のカーディアン「ラフティーナ」が現れ、セシリアの心が解放され覚醒。
「てどお」(ロディ)の堕ちかけた心も元にもどりカーディアンブレードの力を得て復活したのであった。
(名作認定だ!)


続く