一行はガルウィングに乗って海と山に囲まれた城「パンデモ二ウム」に向かった。
(FF9にも出てきたね)

ワイルドアームズ
アルハザードがあらわれた。
中央にいるのがレディハーケンの本当の姿だ。
心を乗っ取られ今まで魔族に利用されていた模様。
(OPシーンと繋がった・・・)
やはりザックとレディハーケンは旧知の仲だったようだ。

ワイルドアームズ
ポスキャラ「タラスク」との戦闘にはいる。
勝利するもののアルハザードの罠にかかり、3人バラバラに牢屋にぶちこまれる。

ワイルドアームズ
はんぺんちゃん大活躍!
かわいい(#^^#)
3人の合流成功~

ワイルドアームズ
番人「デモノプロフェット」との戦闘

ワイルドアームズ
番人「バラム」との戦闘

ワイルドアームズ
数あるボスを撃破し最深部へたどり着いたザック達。
そこには負のエネルギー体「ダークネスティア」が怪しく光っていた。
アルハザードそして、どこからともなくジークフリードの声が響きわたる。

ワイルドアームズ
ジークフリードは、「ダークネスティア」の負のエネルギーを宇宙にある人工衛星「マルドゥーク」に送りレーザーを発射させる。エルゥのほこらの反射衛星を利用してファルガイアの各地に散らした。
どうやらこいつの目的はレイラインと呼ばれているカーディアンの血管といえる地脈を寸断してファルガイアを破滅へ導こうとしているみたいだ。
おそらくマザーに乗っ取られているためだろう。

ワイルドアームズ
ダークネスティアに取り込まれたレディーハーケンを助けるためダークネスティアを命をはって破壊するザックだが、あまりの衝撃に気を失ってしまう。
レディハーケンは無事だったが、完全に人間の心を取り戻すことができない為、またどこかへ去ってしまった。
倒れたザックを抱え2人はアーデルハイドへもどった。

ここでザックの夢の回想がはいる。
ザックの本当の名は「ギャレット」。
昔、ファルガイアの北に位置する豪雪地帯の国家「アークティカ」の近衛師団「フェリルナイツ」の一員だった。
レディハーケンはザックの剣の師匠であり同じ団員である。名は「エルミナ」。
切り姫と呼ばれていた剣の達人だ。
そのエルミナの援護を任されていたのがギャレットだ。

(お互い口にはださないが恋をしていたのだろう)

そして悲劇がおこる。
アルハザードによるアークティカ城襲撃で他の団員は殺され、2人は生別れになる。

夢の中でザックは真の勇気を得たかのように思い出す。
自分の思いはエルミア(愛する人)を守る事だと!
そうしてザックの直感で3人は「アークティカ城」へ向かうのであった。


続く