これも近所の同級生K君が買ったというのでやりにいったなぁ~
ポテチを食べながら2人用でワイワイいいながらやっていた記憶がある。

デビルワールド(任天堂)もファミコン初期のゲームなので、1ステージをルールにしたがってクリアしていき途中ボーナスステージを挟む。
それがエンドレスに続くパターンの仕様だね。
ざっくりいえばパックマンの応用型かね・・・
デビルワールド
ちびっこい恐竜の子供?を操作して敵の追いかけを振り切りながら、アイテムの聖書を取って中央にはめ込んだり、ステージ上の粒の餌を取りきってクリアを目指すというゲームだ。
聖書を中央にはめ込む音がいいよね!「ガシャン!」
気持ちがええ~

中央の上のデビルがボス的存在で上、下、右、左と指示をだす。
すると目玉焼きみたいな部下が必死でハンドルを回してステージを動かすんだ。
壁に挟まれないようにに考えながら進めていかなければいけない。
デビルの下の支持が「ビートたけし」のギャグのコマネチなんだよなぁw