俺のゲームとアニメ@まったり生活

ほとんど趣味のゲームとアニメ中心のブログです。感想とか買ったものとかいろいろ書いてます

Category: 好きなアニメ

原作からではなくアニメから入ったくちです。
アニメも原作もどちらも面白いね。
もう有名なんであれこれ言うのもなんなんだけど・・・

「逆境無頼カイジUltimate Survivor」はギャンブルを題材にしたアニメで、ギャンブルという薄汚れたダークなジャンルを独特な表現方法とオリジナルなゲーム性で非常に優れたエンターテイメントへと昇華させた作品。
逆境無頼カイジUltimate Survivor
あらすじのさわりはこう。
本編の主人公「伊藤カイジ」は生産性の無い自堕落な生活に加え、高級車に傷をつけエンブレムをパクるというクズ丸出しの行為をしていた。
カイジは過去に知り合いの保証人になり、多額の借金を背負うことになる。
そしてカイジは闇金業者の遠藤という男から借金返済のため違法賭博の斡旋をまんまとのせられ受けてしまう。
その賭博は希望を意味する「エスポワール」という客船で行われ、カイジを含む人生の敗北者達の集い命掛けの戦いの火蓋が切られるのであった・・・

上記にも書いてるんだけど、
この作品に出てくるギャンブル(ゲーム)は原作者が考えたであろうオリジナルなものがほとんどで、互いの心理の探り合い、駆け引きが大きな魅力となっている。

1発目の限定ジャンケンと、利根川との直接対決のEカード戦は面白い。
しかしながらなぜ最後の最後でカイジは兵頭にティッシュの宝くじ引きを挑んだのだろう?
アニメ版を4回ほど観返してるがいつも思ってしまうwなんか急にゲーム性もショボくなっちゃてるし・・・。
まあそれがカイジなんだろうけど。
アカギなら即当たりを引いてるだろうなぁ~

まあそれは置いておいて、カイジ役の俳優「萩原聖人」は普通に声優うまいとおもうんだ。
全く違和感なく観れるよね。

あと福本作品お馴染みの「ざわ・・・ざわ・・・」演出、ナレーションの個性的なイントネーション、
そして利根川や兵頭から飛び出る的をついた名言など楽しめるところはもり沢山だ。
OPのブルーハーツのカバー、EDの白竜の渋い曲もカイジの世界観にあっている。

他のアニメにはない面白さが「逆境無頼カイジUltimate Survivor」にはある。
間違いなくおススメできるよ。

完全にノーマークのアニメ、
最初このゾンビランドサガをあまり期待もぜずに観てたんだが・・・
1話であれ?これ面白いかもとおもい、2話でツボにはまった。
ゾンビランドサガ
あらすじのさわりはこうだ。
主人公の当時17歳の高校生の源さくらはアイドルに憧れていたが、
新学期早々にアイドルオーディションの申請書を持って、
意気揚々と学校に出かけようと家を出た瞬間に軽トラックに轢かれて死んでしまう。
後からわかったのだが生前のさくらはついてない人生を送っていた。
自分では、もっとらん子と言っており、超ネガティブ人間だ。

そして10年後、目覚めるとさくらはゾンビになっており、
いかれたアイドルプロデューサーのもと、
他のゾンビ仲間と供に佐賀県の認知度をあげる為、
ご当地アイドル、フランシュシュとして活動を始める。

他のメンバーもそれぞれの時代に死んでおり、
巽幸太郎の手によりゾンビになっている。

さくら以外のメンバーは
二階堂 サキ(フランシュシュのリーダー)
伝説の暴走族、佐賀レディ―スチーム怒羅美(ドラミ)の初代特攻隊長だった。

水野 愛
伝説の平成アイドルユニット、アイアンフリルのセンターだった。

紺野 純子
伝説の昭和のアイドルだった。

ゆうぎり
伝説の花魁だった。
幕末、京の島原に居た頃は新選組が得意客。

星川 リリィ
伝説の天才子役だった。かわいいが実は男。

山田 たえ
伝説の山田たえ・・・
まったくもって謎であり彼女だけほとんど
自我をとりもどせていない。

俺が楽しみにしていたキャラは山田たえ
とにかく自我が完全に目覚めていないので行動がかなり凄い。
面白いので目が離せなかったよw

どうもこのアニメ、佐賀県の協力のもとで企画、制作が
進められたみたいだが、話の内容がくだらなすぎて
というか巽 幸太郎山田たえクレイジーすぎて
まったく佐賀のよさが伝わってこないw
でもその吹っ切れたアホさがのゾンビランドサガの魅力だね。

あともう一つ、アイドルものということもあって
楽曲が多数用意されているのも魅力の1つだ。
アイドル調はもちろんのこと、
デスメタルやヒップホップの曲も用意されている。

2話で山田たえの首がもげてからの~
さくらサキのラップバトル「DEAD or RAP!!!」を観てかっこいいと
おもったのは俺だけではないはず。

意外性のゾンビランドサガ!
俺の中では2018秋アニメの中でダークホース的な存在だった。


P.A.WORKS制作の
このSHIROBAKOという作品は
仕事の厳しさを教えてくれるかなりリアルなアニメだ
SHIROBAKO
上山高校アニメーション同好会のメンバー
宮森あおい安原絵麻坂木しずか藤堂美沙今井みどり
最後の文化際で自主制作アニメ「神仏混淆七福神」を上映
卒業式の日、またこの5人でアニメーション作品をつくろうと
「どんどんどーなつど~んといこう!」の掛け声で誓うあう

その2年後
本作の主人公の宮森あおい
アニメ制作会社武蔵野アニメーション就職しており
様々な問題に直面することとなる。
他のメンバーもそれぞれアニメに関わる
道を模索しており、夢と現実との違いに悩んでいた
そしてアニメという仕事を通じて5人は少しずつ
前を向き成長していく


噂では聞いていたが、
アニメ業界の厳しさがこのSHIROBAKOでよくわかったよ。
タイトなスケジュールの中の制作を進めていくのだが、
多くの人間が関わるので色々と問題が発生するんだよね。
制作の大幅な遅れとか、人間関係の悪化とかね・・・
主人公のあおいは制作進行なので各調整が大変。
気苦労が絶えない。ストレスは半端ないだろうな。
安原 絵麻のアニメーターも大変なんだが、
好きな仕事に追われるって恵まれているほうだとおもうんだ。

もう辛くてみてられなかったのが
声優業の坂木 しずかだよ。
新人声優は仕事が無いんだよ。
そして自分より若い子が売れている現実・・・
ほんとに厳しい声優業の本質をこのアニメで表現している。
実際、声優で食っていけるのはごく少数だと聞いたことがある。

3Dクリエーターの藤堂 美沙
大丈夫だろうな。
今後、アニメでもゲームやWEB制作でも活躍できそうな職業だなと
おもいながら見てたよ。
1番食いっぱぐれないかな・・・

今井 みどりは脚本家志望で
あおい達より2年後輩になるんだが、
大学生なのでまだ時間も余裕があって楽しそうにしてたな。

それとこのアニメの面白いところは、
主要な5人のキャラ以外にも
様々なアニメ業界で働く人が出てくる。
そういった人にもしっかりスポットがあてられ、
業界の問題や、アニメに対する姿勢、考え方などを
視聴者に訴えかけてくる。

もちろん苦しい場面も多いが、みんな目標は1つだ。
「良いアニメを作りたい」
そのおもいは伝わってくる。
最終回はきっと感動できるだろう。


冒頭にも言ったが、
仕事の厳しさ、楽しさ、
アニメ業界の光と闇を表現した素晴らしい出来になっている。

これは原作も知らずに、なにげなく観たアニメなんだけど、
オープニンング曲が「カイジ」みたいだなとおもったよ。
かっこいい。制作会社が同じマッドハウスだね。納得ですわ。

とにかく1話の冒頭から過激なシーンで始まった・・・
なんとなくタイトルの「寄生獣」で予測はついていたが、
かなり辛い展開が待っている。
自分基準になるが、サスペンス、ホラーに
耐性があるの方は全く大丈夫なレベルだとおもう。
バイオハザードが出来る人は余裕だろう。
そんなに極度なグロテスクな表現は含まれていない。
どちらかというとストーリーをしっかり追える展開だ。
寄生獣セイの格率
あらすじのさわりはこう、
どこからか来たパラサイトが人間の脳(思考)を乗っ取る。
その謎の生物は高度な学習能力と凄まじい殺傷能力を持ち、
人間を捕食していたのである。
そして自在に外見を操って人間社会に紛れこんでいた。

そんな状況の中、主人公の高校生の泉新一
就寝中に1匹のパラサイトに襲われる。
鼻からの侵入をなんとか逃れたが、
手の平から穴をあけられ潜りこまれる。
新一はイヤホンのコードで腕を縛りあげなんとか脳を
乗っ取られずにすんだ。
しかし右手はパラサイトに浸食されてしまった。
つまり、パラサイトの人格と新一の人格が1つの体に
共存している状態

新一はこのパラサイトを「ミギー」と呼び
生活をおくるが、様々な事件、問題に巻き込まれる。

ミギー新一は互いに微妙な信頼関係を築いていく。
ミギーはパラサイトの思考しか持ち合わせていないので、
合理的で人間の複雑な感情を理解できない。
しかし高度な知能をもっているので学習や様々な体験により徐々に理解していく。
そして新一にもミギーの影響で身体能力や性格が変化しはじめる。
結果、恋人の村野 里美や母の泉 信子がその変化を気づきはじめるのだが・・・
どうなるかは観てのお楽しみだ!

ミギーとの関係性はこのアニメの見どころの1つである。

それと脳を乗っ取た凶暴なパラサイトとの微妙な立場関係もハラハラさせる。
印象に残ったのは田宮 良子(田村 玲子)を名乗るパラサイトかな。
自分は何のためにパラサイトとして生まれきたのか考える様になり、
最終的には母性愛(人間)を理解しながら銃撃されて絶命する。
あのシーンはグッきたね。


作品を通じて人間とはなにかを
問いかけてくる意欲的な作品に仕上がっている。

いきなり「わたし神様になっちゃった」のセリフで始まり、
幼さが残る中学2年生の一橋 ゆりえは親友の四条 光恵にそう打ち明ける。
このアニメはいつの間にか神様になったゆりえ
神通力を使い、心温まる日常を展開していく。

1話冒頭の あの夏の坂道(BGM)が 流れる昼食のシーン。
窓から見える美しい町並み・・・

そしてクラスメイトの来福神社の三枝 祀(さえぐさまつり)が話に加わり、
昼休後3人で校舎の屋上へかけあがると美しい瀬戸内の風景が広がる。
これだけでもうお胸がいっぱいになるんだわ。

屋上にはゆりえが密かに好意を寄せている
クラスメイト、書道部の二宮 健児がいるんだ。
健児がその場をはなれた後に
がこう言うんだ。「風が強い日、この屋上で告白するとその恋は絶対に実る」と。
そして風をおこす為、想いを込めてある呪文をとなえるようゆりえにアドバイスする。

神様で中学ということでゆりえ
「か~~み~~~ちゅ~~~~っ」と声を張りあげる。
かみちゅ
はやくもタイトル回収ですな。


神様になったゆりえだが
町の人は自然と受け入れて生活しているんだ。
時代背景も、80年代かな。
携帯やスマホも普及していない時代。
ゆったりと時間が流れているよ。

瀬戸内の尾道が舞台のモデルになっている。
情緒溢れる景色が本当に素晴らしい。
そしてなにより各キャラの表情が凄くいいので、
癒されるんだよね~


好きな話は、
「青春のいじわる」、「太陽の恋人たち」、「時の河を越えて」かな・・・
TVでは放映されなかったDVD収録作品もほんとにいい。


オープニングの「晴れのちハレ!」もいい曲だし、
作中のBGMも夏にぴったりだ。

かみちゅは癒しの要素がぎっしりつまってるアニメだよ。

だがしかし・・・

平仮名だけでは一体なんのアニメか分からないが、
駄菓子に焦点をあてた作品であり、
実在する駄菓子(お菓子)をかなり掘り下げて話を展開させている。
知らなかった豆知識も多く盛り込まれている。

主人公は漫画家を目指す高校1年の鹿田ココノツ(ココナツ)だ。
実家は父の鹿田ヨウシカダ駄菓子を営んでいる。
そこに、突然謎の美少女枝垂ほたるがやって来る。
この少女は大企業、お菓子メーカーの枝垂れカンパニーの
社長令嬢で、駄菓子業界で有名なヨウを引き抜きに来たが、
息子のココナツが店を継ぐまで店を離れないヨウの意思を知る。

という理由でこの舞台の田舎町に留まり、
ココナツに駄菓子の素晴らしさは伝えようとするが・・・
この田舎で喫茶店を営んでいるココナツ
幼馴染の友人遠藤サヤとその兄遠藤豆
を巻き込み駄菓子のネタでドタバタを繰り広げる。
田舎日常系駄菓子ギャグアニメですな。

2期からちょっと抜けててスキが多い、
就活中の女性尾張ハジメがシカダ駄菓子店の
住み込みバイト要員になる・・・
放映時間が30分から15分に短縮されたが、
むしろこのぐらいのほうがダレずに観れるかな。

そうそう、1期と2期は作画の雰囲気が違うんだ。
1期がフィール、
2期が手塚プロダクション、
俺的には1期のほうが好きかな・・・


やはりサヤ氏はかわいいな。(1期)
だがしかし 遠藤サヤ

コーヒーもうまく入れるサヤ氏。
喫茶エンドウもかなりいい雰囲気の店だし
家の近所にあればしょっちゅう行きそう。


昔の話になるが、俺が小学校の頃には
学区内に4、5件駄菓子屋が存在してたな。
その中で2件はシカダ駄菓子より年期のはいった
国宝級の店だったよ・・・

あとの駄菓子屋はシカダ駄菓子店の様に
表にアイスクリームの入った大きい冷凍庫が置いてあり
駄菓子屋筐体のゲームが数台あったね。ワンプレイ50円だったかな。

お菓子だけでなく、爆竹式のおもちゃの拳銃、
水風船・・・
指に何かををつけてこすったら煙がでるやつ?
も買ってたな。
時代の流れでもう店は全て無くなった。さみしいもんだよ。

でも現在はリメイクされた駄菓子屋が増えて
楽しめようになったね。よく行って買ってるんだ。

駄菓子


このチョコフォーっていうのが超うまいんだよ。
いつも大量に買ってる・・・

↑このページのトップヘ