俺のゲームとアニメ@まったり生活

ほとんど趣味のゲームとアニメ中心のブログです。感想とか買ったものとかいろいろ書いてます

Category: 好きなゲーム

マリオカート8 デラックスは、
スイッチ本体と同時購入した記念すべきソフトだ。
はるか昔、スーファミ版のマリオカートは持っていたが
知らぬ間にナンバリングが8まで続いてたんだね。

マリオカート8
2014年5月にWiiUで発売され
その後、追加の要素を入れたデラックス版を
スイッチで発売という流れになっている。

俺は結構最初は頑張ってやってたんだけど、
あまりうまくならなかった・・・
今はもう息抜きゲームになってしまったが、
楽しいゲームだという事は間違いないね。
マリオカート8デラックス
あまりゲームをやらない嫁だが、
このマリオカート8デラックスは体を傾け、ワ~ワ~言いながら、
しずえさんをセレクトしてやっている。

任天堂のゲームにはコアなゲーマーもいるが、
こういったあまりゲームをやらない人でも
楽しんでできるものが沢山あるんだよね。

やっぱり面白いのはオンラインだ。
世界各国の人たちと最大12人で対戦ができるなんて、
しかも自宅で、ほんと夢のような環境になったもんだよ。
この前、久しぶりにミニスーファミでマリオカートやったけど・・・
あの遅い動き、そしてオンラインが出来ない。
もう満足できないね。

マリオカート8デラックスのゲーム性を簡単に説明をすると
任天堂お馴染みのキャラクターが乗るカートを操り
レースをするのだが、ただ走るだけではない。
途中様々なアイテムを拾いそれらを使って、
いかに相手の順位を落とすかという駆け引きをしながらである。
妨害、爆走、ときには防御とその時々のアイテムによってあらゆる
展開が待ちかまえている。

ほかにも違うルールも存在するが、
基本のゲーム性は上記の通りである。

その他のスタートダッシュ、ドリフトからのウルトラミニターボと言った
テクニカルな技も多数用意されているて、
1位になるためには必須なので是非とも習得してほしい。

進化を遂げたこのマリオカートは、
全世界の大人から子供まで楽しめる傑作である。

俺の中で、イースシリーズは2で時が止まっていて、
それ以降はプレイしたことがなかったんだよね。
イース3もプレイしたいとおもっていたのだが、機会をのがしてしまってた。

初めてイースをプレイしたのは高校の頃だったかな、
PCエンジンCD-ROM2版の1&2だった。
その後、高校の同級生がパナソニックのMSX2本体とイース1、2のDiskを
2ヶ月ぐらい貸してくれた。
今思えばなんて太っ腹なやつなんだとおもう。
そして時を経て、PS4を購入しイース8をプレイすることとなる。

主人公は赤髪の冒険家アドル・クリスティンだ。
このイースシリーズというには千数百年前しにアドルが綴った
冒険日誌を小説化(ゲーム化)にした設定となっている。
たしかイース1、2で女神フィーナと出会い
エステリアを救ったのがアドル17歳の時で、
今回のイース8 ラクリモサ・オブ・ダーナは21歳の時である。

あらすじさわりはこうだ。
アドルは客船ロンバルディア号でエレシア大陸に向かっている途中に、
巨大な海洋生物に襲われ船は沈没して、ゲーテ海に浮かぶ、
永遠に呪われたセイレン島の岸に漂着する。
イース8

この島に漂流したロンバルディア号の他の乗客を探し出していくアドルとラクシャ。
つまり乗客(協力者)を見つけ出し、仲間が増えると行動範囲も広がっていく。
イースシリーズでお馴染みの相棒ドギも出てくるよ!
心強い仲間だ!

乗客を探し出してひとつの村をつくり発展させる、
そこが他のRPGにはない非常に面白いところだったかな。
最終的にはセイレン島を脱出する事が目的になる。

そしてこの島の謎の鍵をにぎる
もうひとりの主人公、大樹の巫女ダーナ・イクルシア
思念をアドルは夢の中でみることとなる。
その中でこの島に隠された謎が明らかになっていく。

戦闘はかなり面白い!
イース1、2は半キャラずらしの戦闘だったんだが、
スピード感がありサクサク敵を倒せた。
今作もハイスピードで爽快感があり、
尚且つフリーダッシュ+ジャンプのアクションを楽しめる仕様。

戦闘に加わるキャラは、
アドル・クリスティン
本作の主人公(説明略)
武器:剣

ダーナ・イクルシア
本作のもう1人の主人公でメインヒロイン(説明略)
武器:半月刀

ラクシャ・フォン・ロズウェル
貴族の19歳の娘で、男性が苦手な不器用な女性。根はやさしい。
武器:レイピア

サハド・ノートラス
漁師で41歳のおおがたの男性。妻と娘がいる。がさつだが義理と人情にあつい。
武器:錨

ヒュン・メルトラバルト
運び屋の24歳の青年。見た目も中身もクールだが、少しずれている。いわいる天然。
武器:銃剣

リコッタ・ベルダイン
ずっとセイレン島で暮らしている天真爛漫な少女。
武器:ウィップメイス

BGMもイースらしいビート感のある曲がめじろ押しだ!
宝箱のアイテムを取ると流れるBGMはイース1、2と同じだね・・・

本当に様々な面白い要素が絡み合って、
プレイヤーを飽きさせない素晴らしい出来になってる。
マジで期待以上だったよ!

最近イース9の開発が行われるニュースが出ていたが、
本当に楽しみだ。

現在のバーサスシリーズは、
初代ガンダム連邦VSジオンから進化を遂げて、
アーケードでは機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2
家庭用ではこのガンダムバーサスに枝分かれが起きている。
ゲーム性は似て非なるものである。

いろいろと言われてるですよ
このガンダムバーサス・・・
価格もすぐに値崩れを起こして成功したとは言い難い状況。

目新しいシステムといえば、
ストライカーを選択できることかな。
ストライカーとはアシストのモビルスーツの事で
その機体数180機ほどある。
凄い力のいれようだが使われているのごくわずかだとおもう。
皆、頼りになる自衛系を選びがちだね。
最初の頃はゴルスモ祭りになってたよ。現在は調整でマシになった。

あとブーストダイブという技が追加された。
これにより全機体、真下にブーストダッシュが行えるようになった。
簡単に誘導切りが行えるのだが・・・
このストライカーとブーストダイブでほぼみんな同じ動きと戦法になりがちかな。

でもゲームバランスは言うほど悪くないし、
駆け引きもそれなりに成立している。
ちゃんと試合ができる点では評価できるよ。
ただし対戦の、1on1か2on2限定
3on3は正直いろんな意味でダメダメです。
もう誰もいません。
それと1人用モードはPSの初代の連ジのような、
奥の深い仕様ではないです。練習用かな。
いいところはモビルアーマーが出てくるぐらい。
完全に対戦用のゲームです。

ガンダムバーサス
アケコンがあったほうが何かと操作しやすいし
自分にあった各ボタンの配置をすればテクニカルな連続技が出しやすい。

アケコンのボタン配置はこんな感じです。
いろいろ試したが最終的にはこれでやってます。

上左1:ストライカー
上左2:射撃
上左3:格闘
上左4:ブーストダイブ

下左1:ターゲット切り替え
下左2:ジャンプ
下左3:(ターゲット切り替え)
下左4:通信


モビルスーツをことを少し話そうかな。
最初から使える機体数は94機ある。
過去シリーズの人気機体のリストラが何機かあるけど、
初代、Z、ZZ、08、逆襲の世代なら全く不満はないですよ。
まあバウンドドッグ、ナイチンゲーは有料で買ったけどね。

それと俺はプレミアムGサウンドエディション版ですわ。
やっぱね初代のシャア専用機体で「シャアが来る」を流しったかったんだ。
び~むかがやく ふらっしゅばっくに~~
やつのかげ
シャア!シャア!シャア!

哀戦士」も初代MSを操る時によく設定する。
ZZ「アニメじゃない」、
08「嵐の中で輝いて」、
∀「ターンAターン」も超お気にいり。
逆襲のシャアの「BEYOND THE TIME」も最高ですな。

できれば「めぐりあい」も入れてほしかったな



ガンダム好きで対戦ゲーが好きだからかなり楽しめている。
歌いながらよくプレイしてるよ。


アニメじゃない!
ほんとのことさ~~~

クロノクロス

クロノトリガーの続編ということで
初めてプレイしたのは20代前半ぐらいだったかな。
このゲームの世界にグイグイ引き込まれたんだが、
難解なシナリオについていけず途中でリタイアしてしまったんだ。
一体この話はどこへ向かっているというレベルではなかった。
当時クロノトリガーの話も断片的にしか記憶になく、
その上でこのクロノクロスのやりはじめたものだから、
内容そのもがつかめない状態に陥る。
フェイト戦後にやめってしまった・・・

それから十数年、クリアできなかった事が
心の片隅に引っかかっていた。
しかし数年前、ようやく
クロノトリガークロノクロスを続けてもう1度プレイすることができた。

クロノクロスをストーリーを理解する上では、
やはりクロノトリガーをやっていないとまず訳が分からなくなる。

まずは1995年にスーパーファミコンで
発売されたクロノトリガーの事を簡単に話をしよう。

クロノトリガー
ファイナルファンタジーの坂口博信
ドラゴンクエストの堀井雄二
ドラゴンボールの鳥山明
の3人がタッグを組んで制作された夢のRPGゲームである。
ストーリーは現在、過去、未来と時空を越えて旅をする物語になっている。
特徴としてはマルチエンディングが採用されていて、
真(GOOD)、BAD合わせ12個用意されている。

主人公はクロノという17歳の少年で、
ある街の千年祭会場でガルディア王女マールと出会い物語が動きだす。
そこでクロノの幼馴染ルッカが発明した転送装置による偶然の
事故で3人はタイムトラベルが出来る手段を知る。
これがAD1000年(クロノ達がいる時代)の出来事である。

この3人はクロノクロスでも残留思念として出てくる。

クロノ達は過去、未来とタイムトラベルを繰り返す。
新たな仲間達と出会い旅を続けるなか、未来の世界が滅亡した事を知ってしまう。
それは遥か昔、原始の時代に宇宙からやってきて地中深くに潜り寄生した
生命体「ラヴォス」よるものだった。
つまりクロノトリガーのラスボスはこの「ラヴォス」だ。
ただこれだけでは続編クロノクロスの話は見えてこない。

遡ること古代BC12000年の時代
魔法の力で統一された浮遊大陸ジール王国の初代女王ジール
ラヴォス」の力を王国に取り入れようとするが、
その強大な力に魅入られ邪心に染まっていく。
地中深く眠る「ラヴォス」の力を吸い上げる魔神器は
ジールの娘のサラの母をも凌ぐ魔力でしか扱う事ができなかった。
サラは母の野望に利用される事となるが、
ラヴォス」の力の暴走でジール王国は滅び、サラは消息不明になる。

そうこのサラこそ、続編のクロノクロスの鍵になる人物だ。

この時、サラにはジャキという弟がいた。
ラヴォス」の力で時代の違う中世に飛ばされた後、
魔王と名乗り秘かに復讐を誓うのである。

クロノクロス
話をクロノクロスに戻そう。
続編のこの作品はクロノ達が「ラヴォス」を倒し元の世界の
AD1000年に戻った後の話になる。
滅びの世界を回避したクロノはマールと結ばれガルディア王国の王に即位するが、
AD1005年に隣国パレポリに滅ぼされ2人は絶命している。

一方、クロノの幼馴染ルッカは見憶えのあるペンダントを付けた
赤ん坊を拾い孤児院で面倒をみる。
残念なことにルッカもある事件に巻き込まれ消息がつかめていない。
(死んだかは不明)

設定では複数ある世界線の1つとされているが、
クロノクロスの世界ではクロノトリガー
活躍した愛着のあるキャラのクロノマールルッカはいない。
あの感動のエンディングを全否定した設定をまず受け入れなければ
このクロノクロスの話は進まないのである。

そしてルッカが拾った赤ん坊が、
ラヴォスによって次元のはざまに飛ばされたサラの分身であり、
クロノクロスのヒロイン、キッドなのである。
クロノクロス
サラは次元のはざまで絶望の中、キッドという半身を生み出し世に送りだす。
おそらく自分も誰かに愛されたい、そして愛したいという思念が生み出したかすかな希望。
※力のある存在は思念だけでなにかを生み出せるのであろう。

クロノ達に倒されたラヴォスもまたサラと同じく
この世には存在しないが思念(魂)だけは次元のはざまを漂流することとなる。
ラヴォスはこの中で未来、過去、
無数に死んでいった生命の無念(負の感情)を飲み込んでいく。

そしてサラのとてつもない絶望を飲み込みさらに成長し、
まったく別のもの「時を喰らうもの」になってしまう。
この時を喰らうものクロノクロスのラスボスであり、
サラの解放、魂の浄化が物語の最終的な目的である。

そしてキッドは主人公の少年セルジュに接触することになり
このクロノクロスという物語は始まるのである。


このゲームは物語の背景説明も少ないので、
前作クロノトリガーを理解していなければまったくついていけない。
クロノクロスの本編もかなり複雑な展開が待っている。
しかしクロノトリガーのストーリーのポイントさえ抑えておけば理解することは難しくない。


物語、演出も素晴らしが、
このゲームの最大の良さは音楽であろう。
※ミゲル戦は印象にのこってるな

本当に最高峰のゲームミュージックだと俺はおもう。
最初のオープニングから度肝を抜く仕上がりになっている。
良いRPGは良い音楽!心に残る。

ゼノブレイド2音楽担当の光田氏の最高傑作は
クロノクロスだと個人的には思っているのである。



今でも聴いているよ。

前作のゼノブレイドは間違いなく傑作だ。

それと比べてしまうと正直、がっかりするところも多々ある。
ラノべアニメは好きだが、ゼノはそっちのノリにいってほしくなかったと
最初は思っていたのだが・・・

なんか徐々にストーリーに惹かれていったんだよね。
寒い下ネタはおおめにみようじゃないか。
ホムラ
ヒカリニアなど全体のキャラデはカワイイし、
レックスジークのキャラ設定もクセがあるが嫌いじゃない。
なによりドライバーとブレイドの作中での関係性は面白いとおもう。

バトルシステムは最初の内はよくわからなかったが
意味を理解して慣れれば楽しくなる。
グラも綺麗だし、光田サウンドは流石ですな。凄く良かったよ。
そして、各キャラの見せ場もあり熱くなるポイントはしっかり抑えている。
ただ全体的な調整が甘く、なんでもかんでも詰め込みすぎて
ストレスの溜まる煩雑なRPGゲームという印象も受けたのも事実。

ゼノブレイド2

まあなんやかんや言ってるけど
プレイタイムは120時間は越えたからね。

エンディングは終わり良ければ全て良しで、
素晴らしいグランドフィナーレだったよ。
エンディング曲「One Last You」を聴いたとき、
最後までやって良かったと思った。

欠点も多いが、
そこそこボリューム感とやり込み要素もある。
ドライバーとブレイドの絆を描いた萌えキュン王道RPG
それが、「ゼノブレイド2」 任天堂/スイッチ


クロノクロスセルジュっぽいNPCを発見したときは
なんかうれしかったな・・・

ゼノブレ3を期待しつつ思うことは、
クロノクロスみたいな尖がったRPGも作ってくれないかね・・・



ゴルフゲームは、ファミコンディスクシステムの、
ゴルフJAPANコース」以来になるかな。
もう何十年も前ですな。
という事で、みんゴルシリーズは初なのですが
思ったことを率直に言いますよ。

NEWみんなのゴルフ」(ソニー /PS4)は
非常に簡単な操作で初心者でも
難なく遊べるゴルフゲームだと思ったね。
PS4のグラなんで綺麗で開放感はあるし、
1人で遊ぶなら結構楽しく遊べる。

カップの種類もいくつかあり、
トルネードはボールが吸い込まれる仕様なんだ。
つまりホールインワン、アルバトロスも出やすので気持ち良くなれる。

オフラインではひとりでストロークとCPU戦が基本
で気軽に楽しめ、好成績を収めるとアイテムやコインが
ゲットでき成長できる。
これによりキャラのカスタマイズも幅広くできるようになるので
自分好みのものが作れるんじゃないかな。
課金のアイテムもあるが、別に無理して買わなくていといもうんだ。
息抜きのゲームだと思っているので。

オンラインのオープンコースも別に悪くない。
そこに複数の他の人が居ると言うだけで
「コースに遊びに来ている」という感覚が生まれる。
まあ変な人は少なからずどこにでもいるので
そんな人はガン無視でOKだ。

対戦部屋を作って
知り合いとワイワイするのも楽しめるとおもうよ。
ただオンライン対戦のホール争奪戦はもうひとつだな。
あまり面白くなかったかな。

大会は定期的に開かれているみたいだけど
まだ参加したことないんだよね(汗)

NEWみんなのゴルフ

俺流みんゴルの楽しみかたこうだ
まず朝早くおきる。
カーテンを開け部屋に日光を取り入れ
軽く体操をして体をほぐした後
カフェオレとサンドイッチなどの軽めの食事を用意する。
それから好きなコースでゆったり遊ぶ。

NEWみんなのゴルフ


PS4の性能を活かした自然豊かな美しいグラフィックなので、
爽快でのびのびとゴルフを楽しめるはずだ。

↑このページのトップヘ