俺のゲームとアニメ@まったり生活

ほとんど趣味のゲームとアニメ中心のブログです。感想とか買ったものとかいろいろ書いてます

Tag:スイッチ

次はウメタケ台地の近くの
ジュニ・シの祠を出現させることした。
ゼルダの伝説BotW
ガマンくらべのほこらチャレンジ・・・
2回目はゴロン族みてるだけやんw
くらべもくそもねえw
熱い~~~

ゼルダの伝説BotW
ハートの数が多いので余裕でしたな。
ニョッキとジュニ・シの祠が出現。

ゼルダの伝説BotW
ちなみに場所はこのへん。
ゲルド砂漠の北東だね。

ゼルダの伝説BotW
祠の中はあのイラっとくるジャイロの仕掛けだった・・・
いやだなぁ~~~
なんかあれおもいだすよ。
子供ころ病院の待合室とかにあったウォーターゲーム。
性質が似てるわ。輪が入っても力を加えたらまた外れるんだ。
イラっとくる~~^^

ゼルダの伝説BotW
宝箱は取らないと
なぜか負けた感じがするのは俺だけかな?

ゼルダの伝説BotW
とりあえずこの仕掛けは
めんどくさいから炎の矢でズルしたw

ゼルダの伝説BotW
玉がたまったんでカカリコ村へ戻り
ハートの器に交換だ。

ゼルダの伝説BotW
リンクとパーヤ。
ゼルダよりパーヤのほうが素朴で可愛いなぁ

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠

うおおおおお~
俺は知っている!
このようなアドベンチャーゲームを
子供の頃、ファミコンでやったことがある。
そのゲームのタイトルは、
「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」

過去、ドラクエの堀井雄二が脚本を手掛けたアドベンチャーゲーム、
「ポートピア連続殺人事件」
「軽井沢誘拐案内」
そして「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」
これらが「堀井ミステリー三部作」と言われている。

その中でも「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」は
火曜サスペンス的な展開が非常に面白かったよね。
bgmもいいんだよ。いかにも的なサウンドが。
俺的には事件ものの当時のアドベンチャーゲームの中で
「ファミコン探偵倶楽部」「さんまの名探偵」と並ぶ、屈指の名作だとおもっている。


任天堂スイッチのゲームニュースで、
この「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」をみて
すぐにダウンロードしたよ。
伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠
ゲームニュースではファミコン風と書かれているが、
サウンドもグラフィックも、完全に当時のファミコンのまま!
いやこれもうオホーツクやん!感動~
まってたよこんなゲーム。

まず東京で事件が発生するところも同じw
作った人、オホーツクが好きなんだろうな・・・
愛を感じる。


東京の上野で殺人事件が発生した。
とにかく今日から、
刑事のてどおは後輩のケンとともに捜査にあたります!

↑このページのトップヘ