俺のゲームとアニメ@まったり生活

ほとんど趣味のゲームとアニメ中心のブログです。感想とか買ったものとかいろいろ書いてます

Tag:任天堂

これも幼馴染M君のお家でやってた。
この時期、俺の住んでいる地域ではM君がファミコン王だった。

初めてプレイした対戦型の格闘ゲームはアーバンチャンピオンだ。
ストリートファイトに着目するなんて、さすが任天堂としかいいようがない。
しかもキャラが半TとロンTのかさね着・・・
まさにストリートファッション(*‘∀‘)
時代の先をいっている。
アーバンチャンピオン
弱と強のパンチ、それと防御を使いこなし相手を隅っこに追い込んでいく。
それに付け加え、ステージ上でのギミックも用意されている。
上から植木鉢が降ってきるのだが、こいつにあたると意識が飛ぶので注意だ。
サイレンの音とともにやってくるパトカーもある。
両者とも口笛をふいてごまかすんだよな~w
パトカーが通ると最初のスタート位置に戻り、試合は仕切り直し。
よく考えたら、少しスマブラに通ずるものがあるねぇ~


これはコツをつかんで、持ち主のM君よりうまくなってたね。
パンチの初動を見切って傾きよけ、そしてカウンターを狙っていく。
楽しかった~

筋肉モリモリ勝鬨のBGMと上からふってくる紙吹雪が脳裏にこびりついてるよw


操作がおぼつかない初心者のリアルな戦いがここにある!
スマブラ新参者の1on1の動画です。
ファイターはパックマンで参戦
ストック3/3分/汽車
パックマン(PAC-MAN)VSロックマン(ROCKMAN) 

パックマンは操作が難しい。
でもまあ今はマイペースでタイマンをゆるく楽しんでますよ。
同じぐらいのレベルの人とやるのがいいね。

これも近所に住む、幼馴染の同級生M君が持ってたやつだ。

エキサイトバイクを買ったM君宅で
プレイしたけど、面白かったとしかいいようがない。
奥行のある横スクロールのモトクロスレースのゲームなんだが、
当時からの任天堂の家庭用ゲームソフトのセンスは光るものがあったとおもうんだ。
エキサイトバイク
アクセルはA、Bボタンを使い分ける。
Bボタンがターボによる加速。
しかし計器メーターが真っ赤に振り切るとオーバーヒートになり、
一定時間動けなくなるペナを受けてしまう。
だから計器が振り切る寸前でターボを解除しなければいけない。

なんといってもモトクロスレース!
障害物によるジャンプが楽しいよね。
A、Bボタンの加速の強弱を調節しながら
前のめりの着地テクニックを使う。
これでスピードにのりながら走れるんだよね。
ただ前のめりすぎると転倒してしまう。
なのでそうなる前に、左ボタンで体制を整えるんだ。
そのテクニカルな操作とメリハリのある障害物が
エキサイトバイクの面白さ。

そして最後は派手なウイリーでフィニッシュ!
たまに転がりながらもw

あと自分でコースが作れるってのも驚きの1つだったね。
M君と一緒につくった障害物のコースは
超絶ストレスのたまるコースだった・・・w


操作がおぼつかない初心者のリアルな戦いがここにある!
スマブラ新参者の1on1の動画です。
ファイターはしずえで参戦
ストック2/5分/洞窟大作戦
しずえ(SHIZUE)VSピカチュウ(PIKACYU)

しずえさん
スマッシュ攻撃のクラッカーもう少し
あたり判定長くなったらなぁ~
ピカチュウかわいいけど苦手。

このクルクルランドも、
幼馴染M君宅でする。
もうこの年に出たソフトはほぼ持っていたM君。
クルクルランド

派手さはないがシンプルで面白い。
でも最初やったときは難しいゲームだなあ~って感じたよ。
まず操作がムズイ。
直進しかできず、方向転換は棒を掴んでの回転に限られる。
そして見えないコインを通過して出現させていく。
隠されたコインを全て出現させると何かの絵になってるんだ。
それでステージクリアとなる。

でもこれがなかなかうまくいかないんだよ。
操作が限定されているがゆえのもどかしさがあるよね。
進みたい方向にうまく進めない。
見えないゴムにはじきとばされたり、
すぐウニラが出てくるワープ穴につっこんでしまう。


よく協力2人プレイを楽しんでたわけだが、
俺はM君の華麗なるクルクルプレイを横でみていたほうが好きだった。
各ステージの絵がわかるからね。

余談だが、
クルクルランドのコインとゼルダのルピーのデザインは同じみたい。


操作がおぼつかない初心者のリアルな戦いがここにある!
スマブラ新参者の1on1の動画です。
ファイターはしずえで参戦
ストック2/5分/シャドーモセス島
しずえ(SHIZUE)VSカムイ(KAMUI)

釣竿を出してスカってから焦り、
竿をしまうのどのボタンか一瞬迷うのは俺だけかな?
カウンターをよく喰らう。


↑このページのトップヘ